チョコレート
こんにちは。

寒い冬は甘いものが恋しくなりませんか?
今しか食べることのできない“冬チョコ”の限定販売などもあり、チョコ好きにはうれしいシーズン到来です。
そして、2月と言えば「バレンタインデー」。
近頃は自分へのご褒美チョコや、友人など親しい人へ贈る友チョコなども定番になっていますね。
そこで、今回はチョコレートと歯についてお話ししたいと思います。
甘いチョコレートは、むし歯の原因で“歯の大敵”というイメージ、ありませんか?
しかし近年の研究ではチョコレートに含まれるカカオ・ポリフェノールには、むし歯や歯周病予防に役立つ効果があるということが報告されています(日本チョコレート・ココア協会のHPより)。
カカオ・ポリフェノールの効用としては以下のようなものがあるとされています。

むし歯菌(ミュータンス菌など)への抗菌作用
歯周病菌に対する殺菌効果
歯垢をつきにくくする
口臭を防ぐ
お口の中の浄化
これら以外にも、血圧を下げる効果や動脈硬化の抑制作用・ストレス抑制・便通改善など、さまざまな効果があるとされ、研究が進められているそうです。
このような効果を得るためには、カカオ・ポリフェノールが多く含まれるビターチョコレートやココアがおすすめです。
一方で、チョコレートに含まれる大量の砂糖はむし歯の原因にもなります。食べた後には歯みがきを行いましょう。
当クリニックでは、むし歯を予防する効果のあるキシリトールを甘味料として使用した、キシリトール100%のチョコレートを販売しています。普通のチョコレートと変わらないおいしさなので、バレンタインデーのプレゼントや、お子さまへのおやつとしてもおすすめです。