ホワイトニングについて

白く美しい歯で輝く笑顔を取り戻しましょう。

ホワイトニングは薬剤によって歯を白くするための歯科治療の一つです。

歯には食べ物・飲み物などの色素やタバコのヤニなどが付着して、自然と色が付いてしまいます。また、加齢による変色や全身疾患に由来する変色などが原因になることもあります。それは通常の歯みがきでは完全に落とすことはできません。
白く輝く歯は、表情や笑顔に輝きを与え、清潔感や若々しさもアップします。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングは大きく分けて3種類の方法があります。

歯科医院で行うオフィスホワイトニング、ご自宅で行うホームホワイトニングがあります。また、より効果を高めるために2つのホワイトニングを組み合わせることも可能で、デュアルホワイトニングなどと呼ばれています。
それぞれに特徴があり、その方法が患者様に適応するかなどを確かめる必要もあります。

オフィスホワイトニング

歯科医院で歯科医師が行うホワイトニング。

ホームホワイトニング

おうちで患者様ご自身が行うホワイトニング。

デュアルホワイトニング

オフィス・ホームホワイトニングの両方を行い、より高い効果を得られます。

当院では現在「ホームホワイトニング」のみ、取り扱っています。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、診療室ではなくご自宅などのお好きな場所、時間帯で行なっていただけるホワイトニングです。歯の内側から白くすることができるので、歯本来の白さを取り戻すことができます。


ホームホワイトニングでは、患者様ごと個別に作製した専用の「ホワイトニング用マウスピース」に「ホワイトニングジェル」を入れ、一定時間(期間)お口に装着することで歯を白くします。

当院では、TiONホワイトニングの「ティオンホームプラチナ」を使用しています。

ホームホワイトニング Tion
メリット
  • 低濃度の薬剤を使用するので安全
  • 薬剤を時間をかけて浸透させるため、歯の白さが長く持続できる
  • 好きな場所、好きな時間に行える
  • オフィスホワイトニングに比べ、白さが長持ちする
デメリット
  • 効果を実感できるまでに時間がかかる(薬剤が低濃度なため)
  • 1回あたりのマウスピースの装着時間が長くなる

料金(税込み)

ホームホワイトニング / Tion ホームプラチナ 25,000円
ホーム専用追加ジェル(2本入り)4,000

ホームホワイトニングの流れ

ホームホワイトニングの場合もまずは、むし歯の治療・歯周病検査・歯のクリーニング(すべて保険診療)を行います。つめ物やかぶせ物の作り替えをご検討されている場合は、ホワイトニングが終了してから行うことをおすすめします。ホワイトニング後の歯の色に合わせて作り替えることができるため、より自然な仕上がりになります。

カウンセリング

ホワイトニングについての基礎知識、 注意事項などをご説明します。

STEP
1

診査・診断

必要に応じてレントゲンを撮影し、歯や歯ぐきの状態を診査します。

STEP
2

PMTC

ホワイトニングをより効果的にするために、歯のクリーニングを行います。

※PMTC:Professional Mechanical Tooth Cleaning
歯科医師・歯科衛生士によって機械的に行われる歯の清掃・研磨のことで、むし歯や歯周病を予防する効果の高いクリーニングです

STEP
3

印象採得(歯の型取り)

専用マウスピースを作製します。

STEP
4

口腔内写真撮影

歯の色を確認し、写真撮影をします。

STEP
5

使用方法説明

専用マウスピースの使い方をご説明します。

STEP
6

ホームホワイトニング開始

ご自宅にてホワイトニングを開始します。
1日2時間程度行い、2週間かけて歯を白くしていきます。

STEP
7

経過観察

歯の色を確認し、写真撮影をします。
知覚過敏の有無を確認します。

STEP
8

メンテナンス

ホワイトニングの効果を維持するために2~3カ月に1度、PMTCを 受けるようにしてください。

STEP
9

ホワイトニングのよくあるご質問

時間はどのくらいかかりますか?

オフィスホワイトニング
説明・準備などの時間を含めて2時間程度、1回で終了します。

ホームホワイトニング
1回につき2時間を2週間、ご自宅で行なっていただきます。

当院では現在「ホームホワイトニング」のみ取り扱っています。

どのくらい白くなりますか?

変色の原因・程度・歯の質により個人差がありますが、元の歯の色合いから徐々に白くなり、輝きます。2~3シェード白くなります。
ただし、かぶせ物色はホワイトニングでは変えられません。
※シェード:歯の白さの指標となるもの。 一般的な日本人であれば「A3」

ホワイトニング後、歯の白さはどのくらい持続しますか?

ホワイトニング前の色には戻りませんが、残念ながら永久には持続しません。
一般的にオフィスホワイトニングでは、2週間ほどで2シェードくらい戻り、その後は緩やかなペースで再着色していきます。ホームホワイトニングでは、オフィスホワイトニングよりもゆっくりと再着色していきます。ただし、歯の性質や生活習慣により個人差があります。白さを維持するためには、定期的にタッチアップ(追加のホワイトニング)することをおすすめします。

オフィスホワイトニング
3~6カ月に一度

ホームホワイトニング
2~3年に一度

定期的なPMTCや自宅でのホワイトニング効果のある歯みがき剤の使用でより長く維持できます。
当院では現在「ホームホワイトニング」のみ取り扱っています。

痛みはありますか?

ホワイトニングを行なっている間の痛みはありませんが、知覚過敏が発生することがあります。
大抵一過性のものです、すぐに治まると考えられます。

誰でもホワイトニングは受けられますか?

基本的に20歳以上の方が対象です。
また以下の方はホワイトニングを受けることができません。

妊娠中や授乳中の方
安全性が確認されていないため。

無カタラーゼ症の方
ホワイトニングの薬剤に含まれる過酸化水素を分解する酵素を持っていないので、飲み込んでしまった場合は問題が生じるためできません。

エナメル質形成不全や象牙質形成不全の歯がある方
歯の成長過程でエナメル質や象質が十分に発展できない状態の歯がある方は、このような歯にホワイトニングを行なった場合は効果が期待できないほか、歯髄に刺激を与える可能性があるため禁忌です。

むし歯や中~重度歯周病の歯がある方
症状を悪化させてしまうため、治療を優先させます。

ホワイトニングは安全ですか?

ホワイトニングに使用する薬剤は過酸化水素、もしくは過酸化尿素といって過酸化水素を弱酸性に調整したものです。
3.6%の過酸化水素はオキシドールとも呼ばれ口腔内の殺菌消毒用に使われています。米国でも安全性が保障されています。

ホワイトニングは歯を痛めませんか?

一時的な知覚過敏になることがありますが、歯にダメージを与えることはないと考えられています。

なぜ歯は変色するの?

変色には外因性・内因性また、加齢や遺伝といった原因があります。

外因性着色

  • 食品に含まれる色素が歯の表面に付着する(コーヒー・赤ワイン・カレーなどの色素の濃いもの)
  • タバコのヤニ
  • イソジンなどの特定の含嗽剤の継続的使用

内因性着色

  • 歯の神経が死んでしまった場合
  • 薬剤の副作用(テトラサイクリン系)
  • 乳幼児における病気

加齢に伴う黄ばみとDNAによる強い黄ばみ

矯正中はホワイトニングできますか?

矯正装置がついている場合、ホワイトニングはできません。

ホワイトニング前のクリーニングは必要ですか?

ホワイトニングは歯の表面から薬剤を作用させるため、歯面の状態により効果に影響を及ぼします。例えば歯石、歯垢、タバコのヤニのように、歯にはさまざまな沈着物が付いています。すると薬剤はまずそれらの沈着物に作用してしまいます。そのため、当院ではホワイトニングをより効果的・安全に行うために歯のクリーニングを実施しています。

診療のご予約はこちら

口腔内のお悩みや、お口のことで気になることがあれば、
水戸市役所近くの歯科医院「水戸デンタルクリニック」にご相談ください。
当院では「患者様へのご負担が少ない治療」を心掛けています。