水戸市中央の歯医者さん 水戸デンタルクリニック(一般歯科・小児歯科・歯周病治療・入れ歯製作・訪問歯科診療)

スポーツマウスガード

スポーツマウスガード(スポーツマウスピース)について

スポーツマウスガードマウスガードは2つの大きな役割があります。

一般にスポーツ中での顔面の外傷は交通事故や転倒などと比べると全体の10~20%程度です。
しかし、スポーツ中での外傷では上前歯の破折(はせつ)や脱臼が圧倒的に多いのが状況です。前歯の外傷は見た目に大きく影響することと治療費が高額になる場合が多いです。フルコンタクトスポーツにマウスガードは必須アイテムとなっており、外部からの衝撃を吸収してダメージを最小限に抑えてくれます。
また、一方でマウスガードを使用することにより、“かみしめ”がより強くできるようになることで、瞬発力が増します。

人は瞬時に力を出すときに歯を食いしばります。それにより生理的に力を増幅できます。重い物を持ち上げる時に、口を開いたままでは力が入りませんね?
強く食いしばれば、より力が増幅されますがあまり強く食いしばると負担が増して歯や顎に荷重がかかり過ぎてしまいます。0.01秒の出来事です。

スポーツマウスガードより強い力を持続させて食いしばりができれば理想です。
そこでマウスガードが上と下の歯の間に約1.0mmの厚さで介入します。耐久性・弾性のあるシリコン素材でできているので、食いしばった時にクッション効果を発揮します。
それにより、マウスガードを装着していない時より強くくいしばれるので、瞬発力の増幅につながります。

このように、マウスガードは外傷の軽減と力の増幅に役立ちます。
※歯ならびが悪い人やむし歯・歯周病や歯の欠損がある人は、正常な場合と比べてくいしばりが強くできません。そのような場合には、まず歯の治療が優先になることがあります。

スポーツマウスガードの多様な効果

  • 口腔内の裂傷防止
  • 顎や顎関節の保護及び衝撃の緩和
  • 脳震とう・脳神経系および頸部損傷の予防
  • バランス感覚の向上、瞬発力アップ

保護者・指導者・選手の皆様へ

サッカーをする子供失ってしまった歯は二度と戻ってきません。
脳震とうは、記憶力減退、計算力減少、人格異常を起こす事があります。

マウスガードはこれらの危険性を最小限に抑制できます。

「競技人生」より「人生」は遥かに長いものです。
歯そして体のダメージを極力避けて、競技人生後の生活を快適に送るための保険として、マウスガードを歯科医院で作ることを強くおすすめします。

歯のことでお悩みの方はこちら TEL 029-232-9910 診療時間 月~金 16:30~19:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.